ロスミンローヤルは国内で唯一シミ・小じわをケアできることで評判が高いです。
一方で口コミの中には「効果を実感できなかった」といった内容も見られました。

そこでこのページでは、「効果がなかった」といつ口コミをまとめ、その対策法について紹介していきます。

1.ロスミンローヤルは効果なし?悪い口コミと対策法


「ロスミンローヤルの効果を実感できなかった」という口コミをさらに詳しく分析し、対策法を紹介します。

1-1.瓶を丸々飲みきっていない

「1週間ほどしか飲めていないので効果は実感していません。」
「効果がわからなくて半分でやめました」

ロスミンローヤルに即効性はありません

ロスミンローヤルには「飲んですぐに効く」といった即効性はありません。

ロスミンローヤルは肌のターンオーバーを改善しエイジングケアを行います。
肌のターンオーバーの周期は約28日といわれているので、最低でも1瓶は使用しましょう。

手足の冷えや肩こりへの効果は、2週間ほどで効果を実感している方が多いようです。
生薬成分の効果を実感できればロスミンローヤルが効いているということなので、シミ・小じわをじっくりケアしていきましょう。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル

1-2.これまでシミのケアを充分にしていなかった人

紫外線
「外からのケアはしていましたが内側からのケアは初めてです」
「紫外線対策をあまりしていなかったので、シミが目立つようになりました…」

年齢+10日ほどの目安をみてケアしましょう

乱れた肌のターンオーバーを正常に戻すには、年齢+10日ほどの時間がかかるといわれています。
シミ対策や紫外線対策が十分にできていなかった人も、ロスミンローヤルの効果が期待できるので、継続してケアしましょう。

1-3.睡眠不足や食生活が乱れている人


「家事や子育てが忙しく、夜は5時間ほどしか寝られていません」
「仕事の帰りが遅く、外食が多いです」

普段の生活からエイジングケアを行いましょう

ロスミンローヤルを飲むだけでシミやそばかす、小じわを改善できるという訳ではありません。
最低でも6時間以上の睡眠、ビタミンCの摂取を意識した食生活を送り、普段からエイジングケアを行いましょう。

1-4.間違った飲み方で服用している人


「1日3回、3錠ずつ飲むのが大変」
「朝と夜に2錠ずつ飲むようにしています」

正しい飲み方で服用しましょう

ロスミンローヤルの服用方法は、朝昼晩の1日3回、3錠ずつ服用します。
少々面倒ですが、1日に摂れる美白成分の量を計算されているため、回数を減らすとその分効果が半減してしまいます。

もちろん自分のペースで服用しても問題はありませんが、効果をしっかり実感したい方は正しく服用しましょう。
ロスミンローヤルの正しい服用方法はこちら↓
>>ロスミンローヤルの飲み方、よくあるQ&A

1-5.自分のシミの種類を理解できていない人


「目の下にできたそばかすが薄くなった気がしない…」
「鼻にある大きなシミが治りませんでした」

ロスミンローヤルでは効果を実感できないシミがある

ロスミンローヤルはシミに効果のある医薬品ですが、全てのシミに効果があるわけではありません。
老人性いぼと呼ばれる、突起状のシミへの効果は期待できません。

ロスミンローヤルは、紫外線や年齢によって色素沈着したシミを肌のターンオーバーによって改善していきます。
また、目の下に薄く広がるシミは、肝斑の可能性があります。
>>ロスミンローヤルは肝斑にも効果があるのか?

自分のシミができた原因を理解し、ロスミンローヤルで改善できるかを判断しましょう。

2.まとめ

ロスミンローヤルで効果を実感できなかったという口コミは、1ヶ月経つ前にやめてしまったという方が多かったです。
ロスミンローヤルは肌のターンオーバーを正常化し、シミ・小じわをケアするため、最低でも1瓶は服用する必要があります。

時間はかかりますが、ターンオーバーが正常化すると、肌トラブルが起きにくい肌質への改善が期待できます。
ロスミンローヤルで体の内側からじっくりケアしていきましょう。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル