シミ・小じわを同時に改善できると話題の医薬品「ロスミンローヤル」ですが、ニキビやニキビ跡には効果があるのでしょうか?
また、炎症性色素沈着にはどのような効果があるのか気になりますよね。
炎症性色素沈着とは、ニキビや傷などの炎症が強い刺激を受け、治癒後もシミとして残る症状です。

このページではロスミンローヤルのニキビやニキビ跡、炎症性色素沈着に関する効果について詳しく紹介します。

ロスミンローヤルのニキビ、ニキビ跡への効果


ロスミンローヤルはニキビやニキビ跡にも効果があり効果・効能に記載されています。

ロスミンローヤルでニキビが改善した人の口コミをチェック

ロスミンローヤルのニキビに関する口コミは、
・飲み始めて二日でニキビが消えた
・大人ニキビにも効果が抜群
・あれだけ繰り返していたニキビができにくくなった
というコメントがたくさんありました。

医薬品であるロスミンローヤルには、ニキビや肌荒れに効くビタミンCや、跡やしみを残さないために必要なビタミンB群・ビタミンEが含まれています。
さらに血行を促進させ代謝を上げる生薬の力が、必要な栄養を運ぶ手助けをしているのです。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル

肌のターンオーバーを促進させてニキビを防ぐ


ニキビの原因のほとんどが、古い角質や余分な皮脂が残っていることによってアクネ菌や黄色ブドウ菌が繁殖して炎症を起こします。

アクネ菌
アクネ菌は肌のバランスをコントロールし、肌の状態を正常に保つために必要な菌として皮膚上に存在します。

また、年齢を重ねるとターンオーバーの周期が長くなりお肌の再生が遅くなってしまうことで、しつこくて憂鬱な大人ニキビができたりするようです。

ロスミンローヤルは22種類の生薬成分を配合し、血行を促進したり新陳代謝を促したりする効果がある医薬品です。
肌のターンオーバーが促進され古い角質や余分な皮脂がお肌に蓄積するのを防いでくれるので出来てしまったニキビにも効果があるのです。

大人ニキビもしっかり予防できる

大人ニキビは、ターンオーバーの低下によって、肌が乾燥したり、古くなった角質が毛穴をふさぐことでアクネ菌が増殖することが原因で起こります。
ターンオーバーは、肌の新陳代謝が悪くなることで遅くなります。

ロスミンローヤルに含まれている生薬の成分は、血行を促進して肌の新陳代謝をよくする働きがあり、新陳代謝をよくすることで、肌のターンオーバーを正常にして、なかなか治らない大人ニキビを改善してくれる効果があるのです。

肌が乾燥すると皮脂の分泌が活発になり、余分な皮脂が原因でニキビができてしまいます。
ロスミンローヤルの有効成分は、すでに受けている肌ダメージを回復させながら肌の水分量を調整し、にきびの治療に有効なアスコルビン酸やビタミンを補うことが可能です。

ターンオーバーでニキビ跡もケアできる

大人ニキビが改善した後に気になるのがニキビ跡です。
大人ニキビのニキビ跡が、思春期ニキビのニキビ跡よりも治りにくい気がするのは、気のせいではありません。

年齢とともに新陳代謝が悪くなっていて、ニキビ跡の改善にも時間がかかってしまっているのです。
ロスミンローヤルで肌のターンオーバーを活発にすることで、ニキビ跡も早く改善することができるのです。

ニキビに効果的な成分

ニキビに効果的と言われている成分の中で

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンE

は含まれているので、ニキビを予防したりできてしまったニキビを効果的に治すのにもおすすめです。

生薬成分の力で乾燥肌対策にも効果がある

ロスミンローヤルは、乾燥肌に対しても優れた効果の発揮を期待することができます。
肌の潤いが失われてしまう大きな原因は、栄養不足や血行不良により新陳代謝が悪くなっていることにあります。

この状態のままどれだけ外側から化粧品で保湿を行っても、潤いをキープすることはできません。
ロスミンローヤルには、血行と新陳代謝を促してくれる9種類の生薬成分と22種類の有効成分が配合されているので、外側ではなく身体の内側から潤いをキープできる環境を作り上げてくれます。

乾燥肌は全ての肌トラブルの原因なので、ロスミンローヤルで改善を目指しましょう。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの炎症性色素沈着の効果


炎症性色素沈着は他のシミとは違い、傷に近い症状です。
ロスミンローヤルの炎症性色素沈着の効果について紹介します

ロスミンローヤルで炎症性色素沈着を改善できる

炎症性色素沈着とは、ニキビや傷が何らかの刺激を受けてできるシミの一種です。
肌のターンオーバーを促し、ビタミン類を摂取することで徐々に目立たなくなります。

ロスミンローヤルで両方の効果が期待できるので、炎症性色素沈着の改善できます。

炎症性色素沈着の対策法

炎症性色素沈着が色濃く残っている場合、一刻も早く目立たなくしたいですよね。
炎症性色素沈着の改善法を紹介します。

肌のターンオーバーを促す

肌の表面に残った炎症性色素沈着は、新陳代謝を促すことで徐々に薄くしていくことができます。
ロスミンローヤルで体内から促すだけでなく、肌表面の古い角質を直接除去するピーリングもおすすめです。

優しく洗顔する

炎症性色素沈着を薄くするために強い洗顔料を使っていませんか?
肌内部で炎症を起こしているので、これ以上刺激を与えるとより色濃くなってしまいます。

キメ細かいふわふわの泡を作り、ゴシゴシ磨くのではなく優しく洗いましょう。

紫外線対策を徹底する

色素沈着した部分に紫外線が当たると、どんどんシミが濃くなっていき、レーザー治療でしか除去できなくなる可能性があります。
日焼け止めクリームや日傘などで、紫外線から肌を守りましょう。

炎症性色素沈着の原因と予防法


炎症性色素沈着を治すためには、まずあなたのシミが炎症性色素沈着なのか判断する必要があります。
炎症性色素沈着は肌に強い刺激を与えることが原因です。

ニキビやかさぶた状態の傷、虫さされを潰したり触ったりすると、傷を守るために過剰にメラニンが分泌されます。
傷が治っても傷の形のシミが残っているのは皮膚の下にメラニン色素が溜まっているためです。

具体的に炎症性色素沈着ができる原因は2つあります。

摩擦黒皮症

頬や頸部、背中の上部にぼんやりとした茶色いシミが広がっている症状です。
ボディウォッシュ用のタオルでゴシゴシ洗うなど、傷を強く摩擦することで色素沈着を起こしてしまいます。

色素沈着型接触性皮膚炎

化粧品を使った後に、肌荒れやポツポツとした赤み、かゆみが出る症状です。
化粧品に含まれる成分の刺激が強い、肌に合っていないことが原因です。

これらの症状に当てはまらない場合、別のシミの症状の可能性が高いです。
自分のシミの種類をまずは判断しましょう。
詳しくはこちら↓
>>ロスミンローヤルのシミ、そばかすへの美白効果ってあるの?

炎症性色素沈着の予防法

炎症性色素沈着は、炎症ができた段階で正しいケアをすることで予防できます。

炎症を抑える

ニキビや傷ができた部分にピンポイントで抗炎症作用のあるクリームを塗りましょう。
炎症を和らげることで、跡を残すことなく傷が治ります。

保湿の徹底

肌の水分量をキープできていると、潤いのある綺麗な肌を維持することができます。
セラミド配合の化粧水や保湿効果の高い乳液で肌の乾燥を防ぎましょう。

まとめ

ロスミンローヤルはニキビやニキビ跡、炎症性色素沈着への効果が期待できます。
肌のターンオーバーを促進するだけでなく、豊富に含まれたビタミン類で肌の炎症にアプローチします。

また、ニキビ跡や炎症性色素沈着を防ぐために必ず強い刺激を与えないようにしましょう。
ニキビや色素沈着が目立たなくなると、それだけで肌がワントーン明るくなったように感じます。

まずはロスミンローヤルを試して、透明感のある肌を手に入れてください。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル