ロスミンローヤルとシミトールは、共にシミをケアする医薬品です。
シミやそばかすに悩む方は、一度は聞いたことのある商品ではないでしょうか?

このページでは、ロスミンローヤルとシミトールの価格や効果、成分などを徹底比較し、どっちがシミを改善できるか検証します。

1.ロスミンローヤルとシミトールを徹底比較

まずはロスミンローヤルとシミトールの価格や効果・効能、配合成分を表で比較します。

代表的な有効成分L-システイン
アスコルビン酸
パントテン酸カルシウム
ローヤルゼリー
ニコチン酸アミド
ピリドキシン塩酸塩
シャクヤク末
他15種類ビタミンC
アスコルビン酸
アスコルビン酸カルシウム
リボフラビン酸エステル

ロスミンローヤル シミトール
初回価格 1,900円 980円
2回目以降 5,800円 3,780円
送料・手数料 無料 400円
初回合計金額 1,900円 1,380円
2回目合計 5,800円 4,180円
効果・効能 ・しみ、そばかす、ニキビ、肌あれ
・小じわ
・のぼせ、目まい、みみなり
・冷え症、手足の冷感、腰部冷感
・妊娠授乳期、病中病後、食欲不振の場合の栄養補給
・ビタミンCの補給
・しみ、そばかす、日焼け・かぶれによるしみ
・歯茎・鼻からの出血
配合成分量 22種類 4種類
口コミ ・シミ、そばかすが薄くなった
・小じわが気にならなくなった
・手のしわが目立たなくなった
・体がポカポカする
・1日3回、3錠の服用が大変
・お財布に優しい
・薄いシミは薄くなった気がする
・濃いシミには効果が感じられない
・ビタミン剤と知ってびっくり
副作用 なし なし

ロスミンローヤルの方が、効果・効能や有効成分が圧倒的に多く含まれています。
シミやそばかすだけでなく、小じわまで改善できるのはロスミンローヤルだけです。

一番の違いはL-システインの配合です。
ロスミンローヤルにはシミに有効な美白成分であるL-システインが含まれていますが、シミトールにはありません。

シミトールに含まれる有効成分はビタミンCがメインなので、ビタミンの補給としての役割が強いです。
シミトールは、うっすらできているシミを低価格でケアしたいという方におすすめです。

ロスミンローヤルは美白成分以外にも、9種類の生薬成分が配合されています。
シミや小じわだけでなく、手足の冷えや腰痛といった女性特有のトラブルを改善してくれます。

シミやシワを本気で改善したい方は、22種類の有効成分が含まれたロスミンローヤルをおすすめします。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル

2.医薬品とサプリメントの違い

ロスミンローヤルは効果・効能が認められた「第三類医薬品」です。
飲むことでシミ・小ジワに対して効果が期待できます。

シミトールもサプリメントではなく第三類医薬品ですが、入っている成分にL-システインなどのシミに効果的な成分が入っていません。

シミトールに入っている成分でシミに有効なのはビタミンCとB2ですが、シミに効果のあるビタミン剤という位置づけです。

医薬品なのでシミへの効果はありますが、有効成分がビタミンだけなのでロスミンローヤルに比べると時間がかかります。

3.ロスミンローヤルはいつでも解約可能

ロスミンローヤルは、定期コースなら75%オフの1,900円で購入できます。
定期コースといっても契約期間にしばりがある訳ではなく、いつでも解約できます。

「1回試してみたけど自分には合わなかった…」という場合、電話1本で解約可能です。
価格もお試ししやすいので、シミ・小じわを同時にケアできるロスミンローヤルをまずは試してみてください。

3.まとめ

ロスミンローヤルは、シミトールよりも、効果・効能や配合成分が圧倒的に多いことがわかりました。
年齢肌に悩む方にとって、シミと小じわを同時に改善できるのは嬉しい効果ですよね。

低価格でシミをケアしたいという方はシミトールがおすすめです。
ビタミンの力で、うっすら気になるシミを改善できます。

ロスミンローヤルは本気でエイジングケアをしたい方におすすめです。
22種類の有効成分が体の内側から働きかけ、ハリと透明感のある肌への改善が期待できます。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤル